業務案内

  1. TOP > 
  2. 業務案内
  3. 抗がん剤曝露調査

抗がん剤曝露調査

目的

労働衛生(労働安全)の観点から

  • 確実性のある安全な職場環境を確立していただくため
  • 医療従事者様の健康を維持するため
  • 安心して働ける環境作りのため

抗がん剤の溶解作業の様々な操作により、非常に微量で、目視で確認することができないレベルの抗がん剤が飛散していることがわかっています。
抗がん剤は微量であっても体内に吸収して影響を及ぼす可能性があるため、作業時の曝露量を調査することが、とても重要です。
抗がん剤曝露調査を行うことで、現状の抗がん剤の飛散状況や曝露対策後の飛散状況を「数値」として視覚化することが可能となり、院内での定期的データとして管理するために活用できます。

抗がん剤曝露調査について

新規曝露調査手法である「サンプリングシート法」(特許5846775/6055809)を用いることで、抗がん剤の曝露量を安全、正確、簡易に定量できるようになりました。
サンプリングシート(SACシート)を用いることにより床や壁などの累積量でなく、 調査期間中に曝露した量が測定できます。
更にワイプ(拭き取り)法や抽出法といった調査方法と使い分ける事により、幅広い調査が可能となります。
先般、厚生労働省から通達がありました「発がん性などを有する化学物質を含有する抗がん剤等に対する曝露防止対策について」(基安化発0529第1号)に伴い、今まで以上に医療現場における医療従事者様への抗がん剤の曝露対策が必要となっております。
曝露対策の方法は様々なものがありますが、対策の効果を目で見える形(定量的)で判断し評価することが有効です。

シオノギ分析センターでは抗がん剤の曝露モニタリングを通じて、対策の有効性を評価することで、曝露の防止、現状に対する適切な判断の一助としていただくことを目指しております。
また、曝露調査を定期的に行うことで、継続的に安全な環境であることを確認する為に、ご活用いただくくことも可能です。
調査データを継続的に取得することで、常に適切な運用であることを確認できます。

調査方法 概要 調査方法動画
サンプリングシート法 ・独自調査方法(特許)
・3サイズあり(カット自由)
・簡便性、正確性◎
単体


複数
ワイプ法 ・拭取り基材に3サイズあり
・従来法。汎用性◎。現状の調査に最適
・換気扇、エアコンフィルタ、棚の上、
 カーテンレールの上の埃等
ガウン抽出 ・全身/上半身の2サイズあり
・弊社からガウンを送付
手袋抽出
・弊社から手袋を送付もしくは
 病院の手袋でも調査可能
 (ただし、ニトリル製)
・1検体=1組
腕カバー抽出 ・調製時の調査で主に採用
・弊社からカバーを送付
トレイ抽出
(薬剤輸送トレイ)
・トレイそのものを弊社へ送付いただき、
 全体から抽出
・トレイサイズの連絡要
尿中濃度測定 ・調査薬剤:シクロフォスファミド, 白金製材
・各薬剤毎30検体未満の場合、他施設の依頼と
 合わせて30検体になってから分析を行います。
唾液中濃度測定 ・調査薬剤:シクロフォスファミド
・各薬剤毎5検体未満の場合、他施設の依頼分と
 合わせて5検体になってから分析を行います。
<準備中>

 ※検体は“冷蔵便”で、尿検体は“冷凍便”で必ず返送してください。

ページトップへ

その他の評価

曝露対策用具の評価

(例)

  • 手袋、ガウン、マスク等の透過性試験
  • 閉鎖系システムの導入前後の評価
  • 曝露対策用具メーカー様における、新製品と旧製品の比較評価

参考論文

  • 日病薬誌 第50巻1号(61-65)2014年
  • 新しい飛散調査法(サンプリングシート法)を用いた抗悪性腫瘍薬の飛散状況の評価

ページトップへ